日本習字クラス

日本習字幼児クラス

【年中・年長】 曜日・日数 指導時間帯 指導科目
硬筆コース 水曜日(週1日) 15:00~16:30 硬筆
  • 定員に空きがあれば、16:30~18:00の時間で受講することもできます。
  • ひらがなの読み書きが十分でないお子様は、幼児クラスの「入学準備国語単科コース」又は「入学準備2教科コース」を単独または同時受講することをお勧めします。日本習字幼児クラスは、字を覚えるための指導よりも、美しく正しいひらがなを書くことの指導を中心に行います。
  • 【硬筆】最初は正しい鉛筆の持ち方からはじめ、美しく正しいひらがなが書けるように指導していきます。また、字と字の大きさのバランスやますの中での文字の位置などを意識して文字を書く練習をします。
  •  

日本習字小学生クラス

【小1~小6】 曜日・日数 指導時間帯 指導科目
硬筆コース 水曜日(週1日) 16:30~18:00 硬筆
毛筆コース 土曜日(週1日)  9:00~10:30 毛筆
書道コース 水曜日
土曜日(週2日)
16:30~18:00
 9:00~16:20
硬筆
毛筆
  • 習字は、単に文字を書くためだけの学習ではありません。集中して丁寧に書く習慣は、学校生活に大切な忍耐力の養育に役立つことはもちろん、現代の子どもたちから失われつつある手指の器用さや視野の広さ、造形センスの体得にもたいへん効果的です。日本習字は、子どもたちの日常生活に必要なバランス感覚を自然に養うことのできる総合学習を目指しています。
  • 日本習字小学生クラスでは、毛筆・硬筆いずれの学習も、実寸の手本で学習します。作品は検定係により朱筆添削されますので、美しく整った文字の書き方を効果的に学ぶことができます。
  • 検定係によって認定された段位は、中学受験の際の内申書に記載が可能で証明書も公益財団法人名で交付されます。
  • 【硬筆】小学1~3年生までは、ますのある(一文字のます内に補助の十字線はありません)3行の用紙を用い、美しい文字だけではなく、全体としてバランスのとれた文字の大きさなどの感覚も身につけます。小学4年生以上は、ますも補助線もない3行の用紙を用い、自分の感覚だけで文字の中心を考えたり、文字の大きさや間隔など調和のとれた文字を書く技術を習得していきます。
  • 【毛筆】1枚の用紙に、小学1年生はひらがな2文字、小学2年生は漢字交じりの2文字やカタカナ3文字などの学習で、筆を使った「とめ」「はね」「はらい」などの筆遣いや墨の含ませ方などを身につけていきます。3年生以降は、漢字を含んだ4文字、さらに高学年になると1文字の大きさが小さくなり、線の太さなどに注意が必要になる6文字や画数の多い漢字なども学習していきます。
     また、1月の「書き初め競書会」と7月の「七夕競書会」では、縦長で大きな画仙紙にいつもとは違う少し大きな筆に墨を一杯含ませて、大きな文字を書いていきます。

日本習字中学生クラス

【中1~中3】 曜日・日数 指導時間帯 指導科目
硬筆コース 水曜日(週1日) 16:30~18:00 硬筆
毛筆コース 土曜日(週1日)  9:00~10:30 毛筆
書道コース 水曜日
土曜日(週2日)
16:30~18:00
 9:00~16:20
硬筆
毛筆
  • 日本習字中学生クラスでは、毛筆・硬筆いずれの学習も、実寸の手本で学習します。作品は検定係により朱筆添削されますので、美しく整った文字の書き方を効果的に学ぶことができます。但し、八段位取得のための特待生試験受験者は、手本なし、白紙の用紙での実戦演習も行います。
  • 検定係によって認定された段位は、高校受験の際の内申書に記載が可能で証明書も公益財団法人名で交付されます。
  • 【硬筆】3行の用紙を用い、楷書だけでなく行書も学習していきます。また、希望者には草書の指導も行います。福岡県高校入試の国語には行書や草書に関する問題が度々出題されています。
  • 【毛筆】硬筆同様、楷書だけでなく行書も学習していきます。小学生と同様に、1月の「書き初め競書会」と7月の「七夕競書会」では、画仙紙を使います。希望者は、作品を実費で表装することもできます

日本習字高校生

【高1~高3】 曜日・日数 指導時間帯 指導科目
ペン部 水曜日(週1日) 16:30~18:00 ペン字
漢字部 土曜日(週1日)  9:00~10:30 毛筆(漢字)
かな部 土曜日(週1日) 10:40~12:10 毛筆(かな)
  • 1コース(1部)から3コース(3部)まで、自由に選択できます。
  • 初段位を取得すると、申請により「初等師範」の免状がもらえ、「日本習字」の支部教室を開くことができます。
  • 【ペン部】楷書の基礎練習から、手紙文などに最適な連綿(文字を2字以上続けて書くこと)を交えた行書の学習まで、目的やメッセージの内容に適した書体を課題として学びます。他にも名作文学の一節を味わいながら練習するページや、「仮名(古筆)」を鉛筆で書く練習ページもあります。実用から趣味にいたるまで、誰もが興味深く楽しみながら学べる人気のコースです。
  • 【漢字部】毛筆による漢字の基本五書体(楷書・行書・草書・隷書・篆書)を基礎から応用まで幅広く学習し、段級位取得や習字師範免許取得を目指します。基礎からしっかりと学びたい方を対象にした日本習字のメインコースです。また、将来、習字教室の開設を目指す方のため、児童の指導に役立つ「ひらがな」課題も学習できるようになっています。上級者は「条幅」の課題にも取り組むことができます。
  • 【かな部】日本古来の優雅な「仮名文字」、四季の変化のある日本の美意識から生まれたともいえる「和歌の散らし書き」、「古筆」を学習できます。上級者には[色紙][扇面][全懐紙]課題にも挑戦していただくことができます。仮名独特の繊細な書線、文字と余白の調和から生まれる美の世界を体験できます。